【トヨタ・ヴォクシー】安全性は?自動ブレーキや横滑り防止機能は?

2018年4月公開の売れ筋ミニバン販売台数2位がトヨタヴォクシーでした。

購入を検討している人もたくさんいるのではないでしょうか?

そこで今回はトヨタヴォクシーの安全性や自動ブレーキなど気になる点をまとめてみました。

関連記事へ>>>運転のしやすいヴォクシーを安く買う方法はこちらをチェック!

トヨタヴォクシーは運転しやすいのか!?

トヨタヴォクシーは運転しやすいのか!?引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/VOXY_AERO_COLLECTION.html

トヨタヴォクシーは運転しやすいのでしょうか?

実はトヨタヴォクシーにはたくさんの運転しやすい工夫がたくさんありました。

○インテリジェントパーキングアシスト

トヨタヴォクシーは運転しやすいのか!?引用:https://toyota.jp/voxy/performance/?padid=ag341_from_voxy_navi_performance

これは搭載されているのが当たり前になってきましたね。

シフトをRにするとモニタ画面で車体の後ろをしっかり確認できる機能ですが、トヨタヴォクシーには更に工夫がされています。

広角カラーバックガイドモニターでワイドモードに設定すると180度まで後ろが見えます。

180度なら後ろはばっちり見えますね。

ミニバンサイズの大きさの運転で車庫入れに苦労していた人もこれなら楽に車庫入れができそうですね。

○クルーズコントロール

トヨタヴォクシーは運転しやすいのか!?引用:https://toyota.jp/voxy/performance/operation/?padid=ag341_from_voxy_perf_operation02

これは高速道路などでアクセルを踏まなくても一定のスピードを保つ機能です。

これなら、長い時間、高速道路を走っていてもアクセルを踏み続ける必要がなくなり、体力的に楽になり、運転にも余裕が生まれそうですね。

〇ヒルスタートアシストコントロール

トヨタヴォクシーは運転しやすいのか!?引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

坂道の途中で停車していて、発進をしようとすると車が後へずり落ちる大変危険な場合があります。

そんなときブレーキの油圧を調整することによって車両がずり落ちてしまうのを防ぐことができます。

ミニバンサイズの車は重さがあるのでより安全性がある機能なのがうれしいですね。

〇静粛性向上対策

トヨタヴォクシーは運転しやすいのか!?引用:https://toyota.jp/voxy/performance/performance/?padid=ag341_from_voxy_perf_perf02

風切音対策と遮音材によりノイズを遮断しています。

風切音対策とはドアミラーの形を工夫をしていて、遮音材はダッシュサイレンサーに部分装着フィルムとスライドドア下にもシールを貼ったことです。

トヨタヴォクシーはハイブリッド車でもあるので、みなさんご存知の通りとても静かです。

それから更に静かになる工夫がしているということは、より静かな空間で落ち着いて運転しやすいですね。

以上がトヨタヴォクシーが運転しやすい工夫でした。

運転する人の体力の消耗だけではなく、気持ちも整えてくれる工夫がありますね!

関連記事へ>>>運転しやすく疲れにくいヴォクシーのお得な購入方法とは!?

トヨタヴォクシーの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?

トヨタヴォクシーの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用;https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_navi_safety

トヨタヴォクシーの安全性能はどうなのでしょうか?

こここでは三つの安全性能を紹介していきたいと思います。

 

一つ目は、トヨタヴォクシーが安全性能の一番の特徴として挙げているのがセーフティ・サポートカーです。

セーフティ・サポートカーとは政府が交通事故防止対策の一環として行っている自動車安全のコンセプトです。

つまり、自動ブレーキがあるのがトヨタヴォクシーの特徴でもありますが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

まず、「Toyota Safety Sence」というトヨタ独自の衝突回避支援パッケージというものがあります。

これは追突の回避や被害の軽減をするためには、歩行者を認識、正面衝突、車線逸脱、追突を予測することです。

では、どのようにこれらを認識するのでしょうか?

トヨタヴォクシーにはレーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーという2種類のものがあるようです。

レーザーレーダーは近距離を認識することができ、昼夜関係なく性能は変わらないようです。

また、単眼カメラは遠くの距離を認識することができ、横断歩道の白線や対向車のランプも認識できます。

つまり、2類目であらゆることを認識してくれているということですね。

トヨタヴォクシーの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://toyota.jp/voxy/

さて、その2種類の目であらゆることを認識してくれるのですが、もしものことが起きたとき、つまり自動ブレーキがもし作動するようになったときはどんな性能があるのでしょうか?

2種類の目が衝突をすると判断した場合は時速15キロから140キロのときに「ピピピピ」という警報ブザーが鳴り、モニタ画面で衝突する可能性があることを表示されます。

音と視覚から入ってくる二重の警告ですぐに異常に気付くことができそうですね。

それに気づいたときにブレーキを踏むと強力なブレーキアシストで、制動距離を短くして停車できることができます。

このときの時速は10キロから80キロなので一般道を走っているならばブレーキアシストはまず発動するといっていいと思います。

それでもブレーキを踏むことができなかった場合は自動ブレーキが発動します。

トヨタヴォクシーの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用;https://s.webry.info/sp/kekun.at.webry.info/201406/article_6.html

これで追突事故の8割はカバーをすることができ、実際の死傷者数を大きく減らすことができると期待されています。

しかし、最終手段である自動ブレーキは走るスピードや道路状態などによっては必ず事故が回避できると言ったものではありません。

だからこそ、自動ブレーキが発動する前に、二重の警告、ブレーキアシストで事故を未然に防止できるようになっています。

自動ブレーキだけでなく、自動ブレーキが発動するまでに二段階の安全へのしくみがあるのがとても心強いですね。

二つ目はトヨタヴォクシーにはこんな安全性もあります。

単眼カメラは白線を認識することができるので、ウィンカーを出さずに車線を越えてしまうと予測した場合は先ほどの「ピピピ」というアラームとモニタ画面で警報を知らせてくれます。

ミニバンサイズは運転席が他の車に比べて視覚が高い分、白線が見えづらく運転しづらい部分がありますよね。

トヨタヴォクシーの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://toyota.jp/voxy/

三つめは急発進、急加速を抑制するものです。

ニュースでよくシフト操作を誤った事故を目にすることが多いですよね。

例えば、シフトDにしたつもりが間違ってシフトをRにしてしまい衝突しまったとします。

慌ててシフトをDに変更すると急発進をしてしまい、他の車や歩行者、建物に衝突してしまうなどの二次の事故が起きてしまう危険性があるからです。

それを防ぐために、「アクセルを戻してください」などの注意を喚起するメッセージが表示され、エンジン出力やハイブリッド出力を抑えることができます。

ちょっとしたミスで更に大きな事故に繋がるのは誰にでも可能性があることです。

それをカバーしてくれる安全性能だと思います。

トヨタヴォクシーの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://toyota.jp/voxy/

以上がトヨタヴォクシーの安全性についてまとめてみました。

安全性もかなり高いですね!

関連記事へ>>>安全性も高いヴォクシーはこうやって買うのがオススメ!

トヨタヴォクシーの横滑り防止機能の性能はどうなの?

トヨタヴォクシーの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用;http://www.webcg.net/articles/-/30848

雨や雪道などの路面が安定しない場所を走るときに車が安定した方向にアシストするように役に立つのが横滑り防止機能です。

トヨタヴォクシーには3つの制御が搭載されています。

 

S-VSCと言って、ステアリング制御、ブレーキ制御、駆動力制御があります。

一つずつ解説していきます。

 

ステアリング制御(EPS)は例えば強風の場合はハンドル操作が軽くなり過ぎると危険で運転しにくい場合があります。

それを防ぐためにハンドルの重さを自動で調整するものです。

つまり、車の操舵力を電子制御したものです。

トヨタヴォクシーの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://toyota.jp/voxy/

ブレーキ制御(VSC、ABS)は、例えば滑りやすい路面での発進はスリップしてしまい大変危険です。

後輪や前輪が横滑りになったと察知した場合、車両が外側にふくらみ、それによって安定に制御するものです。

また、例えば後輪が横滑りしたときは、車がスピンするのを防ぐことができます。

 

駆動力制御(VSC、TRC)は、さきほどのスリップしてしまうのを防止する例と同じで、エンジントルクを抑えたり、ブレーキの制御を制御するものです。

 

つまりこの3つの制御により、滑りやすい路面や乾いた路面でも車両を安定させた走りを実現させ、運転しやすくさせます。

実はこの横滑り防止機能は、路面が安定しない運転以外にとても役に立ちます。

それはカーブのときの横滑りも防いでくれるのです。

例えばカーブでカーブ幅が大きいと察知したとき、限界まで行ったときに自動で修正してくれるものです。

これで急カーブなどの事故も減り安全性が高まります。

トヨタヴォクシーの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://toyota.jp/voxy/

急カーブは運転しづらかった人には運転しやすいものになりますね。

何気ない運転にも安全性がきちんとあり、とても運転しやすくなっているのがヴォクシーです!

 

アイキャッチ画像引用URL:引用:https://toyota.jp/voxy/

次の記事へ>>>横滑り防止機能も充実したトヨタヴォクシーはこうやって買うとお得です!

 

トヨタヴォクシーの関連記事はこちら!

【トヨタ・ヴォクシー】不具合やリコール情報はどんな感じ?対応は?

【トヨタ・ヴォクシー】口コミや評価評判を紹介!良い?悪い?

【トヨタ・ヴォクシー】値段や費用どれくらい?グレードでの違いは?

【トヨタ・ヴォクシー】納期や納車は?いつ頃届くの?結構待つ?

【トヨタ・ヴォクシー】燃費や実燃費はいかに!?燃費向上している?

【トヨタ・ヴォクシー】内装や内寸はどんな感じ?内装色は選べるの?

【トヨタ・ヴォクシー】値引き相場はどのくらい?限度額を知りたい!

【トヨタ・ヴォクシー】カラーや色見本は何がある?黒以外にこれ!!

【トヨタ・ヴォクシー】試乗評価について紹介!試乗のポイントは何?

【トヨタ・ヴォクシー】スペックや加速性能は?大事な乗り心地は!?

【トヨタ・ヴォクシー】エコカー減税で自動車税はどれだけ安くなる?

【トヨタ・ヴォクシー】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比較する

【トヨタ・ヴォクシー】モデルチェンジ予想と情報!どう変わる?いつ?

【トヨタ・ヴォクシー】外寸や外装は?機械式駐車場に入るの?

【トヨタ・ヴォクシー】安全性は?自動ブレーキや横滑り防止機能は?

【トヨタ・ヴォクシー】維持費やローンは?残価設定にするべき?

【トヨタ・ヴォクシー】ハイブリッド車とガソリン車でどちらをとる?

【トヨタ・ヴォクシー】2WDと4WDはどっちがお勧め?違いを解説

【トヨタ・ヴォクシー】煌は他とどう違いがあるのか!?魅力を紹介

新着記事

  1. 家族思いの父親を体現したようなクールなミニバン、トヨタ・ヴォクシーと母親でも安心して使える安…
  2. オプションにはドライブを家族で快適に楽しむためのものが揃っています。トヨタの最新サービスT-…
  3. 「トヨタ・ヴォクシー」は、2017年度、日本国内新車販売台数のミニバン部門で1位に輝きました。…
  4. トヨタで販売されているミニバン人気車ヴォクシー。5~8人乗りで大人数でのお出かけにもピッタリ…
  5. トヨタのヴォクシーの現行モデルが出て、4年が経ちました。楽しいドライブを続けていくのにタイヤ…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP