【トヨタ・ヴォクシー】ハイブリッド車とガソリン車でどちらをとる?

絶大なる人気を誇るトヨタヴォクシー

2017年度のミニバン販売台数はNo.1を獲得しています。

そんな大人気ミニバンのヴォクシーですが、ハイブリッド車とガソリン車どちらを選べばいいのでしょうか。

検証していきます。

関連記事へ>>>ハイブリッドのヴォクシーもこうすれば安く買える

トヨタヴォクシーのハイブリッド車の特徴は?

トヨタヴォクシーのハイブリッド車の特徴は?引用:https://toyota.jp/voxy/

そもそも、ハイブリッド車とはどのようなものなのか、今更聞けないという方もいらっしゃいますよね。

そちらの疑問から解説をしていきます。

ハイブリッド車とは?

ハイブリッド車とは、2つ以上の動力源を持つ自動車を指しています。

内燃機関(ヴォクシーで言うとガソリン機関)と電動機(いわゆる電気)を併用する自動車です。

どちらか片方だけでは叶わない燃費の良さを、切り替えて補填し合い、燃費を良くする自動車です。

世界で初めてハイブリッド車の量産したのはトヨタ自動車、ヴォクシーを生産している会社なんですね。

 

さて、ハイブリッド車を改めて知っていただいたところで、今回注目をしているヴォクシーのハイブリッド車の特徴に迫っていきます。

トヨタヴォクシーのハイブリッド車の特徴は?

https://autoc-one.jp/nissan/serena/whichone-5000181/

外装について

基本的にはガソリン車と変わるところはありません。

左右サイドミラーの下側付近にHYBRIDと表記されたエンブレムが付いています。

また、フロントグリルのシンボルマーク、トヨタのエンブレムがハイブリッド車と分かるようにブルーに装飾されております。

パッと見てわかるようにはされていますが、デザイン的な部分で言えば気にならないでしょう。

内装について

ハイブリッド車専用のオプティトロンメーターが装着されています。

このメーター、ガソリン車ではエンジンの回転数を知らせる部分があるのですが、その部分がハイブリッドシステムインジケーターになっています。

トヨタヴォクシーのハイブリッド車の特徴は?

https://kakakumag.com/car/?id=11504

「ECO」となっている範囲で走行すると、燃費に優しい運転ですと教えてくれる表示です。

このメーター、ハイブリッド車初心者にはかなり役に立つものかと思います。

ハイブリッド車は運転の仕方によってガソリンの消費量がかなり変わってきます。

せっかくハイブリッド車にしたなら、ECO範囲での運転がとにかくお勧めです。

 

シフトレバーにも違いがあります。

かなり軽い力でもシフトチェンジができる電子式のレバーは、指先でもシフトができそうなほど軽やかです。

 

そして、EVモードスイッチが装置されています。

このスイッチを押すと、モーターだけを使って静かに走行ができるようになります。

これも、大きな音を出したくない夜中や朝方には役立つかもしれませんね。

トヨタヴォクシーのハイブリッド車の特徴は?

https://toyota.jp/voxy/performance/performance/

実際にハイブリッドのヴォクシーに乗っているユーザーの口コミを少し参考にしてみると、加速に対しての不満が挙がっていました。

ハイブリッド車に乗ったことがある人はわかるかもしれませんが、ガソリン車に比べて加速の力がありません。

発進時や坂道にはかなりアクセルを踏み込むイメージです。

ハイブリッド車デビューの方たちには、少し違和感が残るかもしれません。

しかし、これはスイッチひとつである程度解決することです。

前述したEVモードのスイッチと同じ場所にパワーモードというスイッチがあります。

加速したい時にはぜひ、これをポチッと押してみてください。

グンと加速度が上がり、アクセルの踏み込みが緩くても加速するようになります。

個人的には、ハイブリッド車のこのようなスイッチで切り替わるところが、少し面倒で愛おしいですね。

運転がお好きな方にお勧めです。

車両接近通報装置

トヨタヴォクシーのハイブリッド車の特徴は?引用:https://toyota.jp/voxy/

ハイブリッド車専用の装置として、車両接近通報装置がついています。

約25㎞/hまででゆっくりとEV走行(電気自動車走行)をしている時には、自動で音が鳴るというシステムです。

この装置がハイブリッド車にだけついている理由は、EV走行時のエンジン音が静かなことからだそうです。

エンジン音が小さすぎてしまうと、歩行者が車の存在に気付きにくくなります。

そのため、歩行者を巻き込む事故に繋がるかもしれないということを懸念されて付けられたシステムです。

近づくと歩行者に車両の接近を伝えるための音が鳴るそうです。

昔のトヨタハイブリッド車には搭載されていなかったシステムですね。

安全性を配慮してのこのシステム、事故を防ぐためには大切なものです。

快適温熱シート

トヨタヴォクシーのハイブリッド車の特徴は?引用;https://toyota.jp/voxy/interior/comfort/?padid=ag341_from_voxy_in_comfort06

ハイブリッドVのグレードのみ装着される装備です。

これは、運転席と助手席のシートヒーターになります。

冬場は暖かなシートに座ることができるので、とても嬉しいですね。

特に冷え性の女性は重宝する装備でしょう。

関連記事へ>>>ディーラーの下取りより遥かに価格を高くする!その方法は?

トヨタヴォクシーのガソリン車の特徴は?

対して、ガソリン車の特徴です。

内装について

ヴォクシーのガソリン車のみに装着される装備は、チップアップシートというものです。

トヨタヴォクシーのガソリン車の特徴は?

https://toyota.jp/voxy/interior/space/https://toyota.jp/voxy/interior/space/

これはガソリン車の8人乗りグレードにのみ装着されています。

セカンドシートの座面が跳ね上がるチップアップ式になっているのです。

チップアップ式にできることによって、セカンドシートを前へスライドさせた時に後ろの空間を広々と取ることが可能になります。

大きな荷物を頻繁に乗せることがある方にはかなり大きなポイントとなることでしょう。

また、セカンドシートの半分だけを前へスライドさせることもできるので、他のタイプのヴォクシーよりもサードシートへの乗り降りがスムーズになります。

シフトレバー

トヨタヴォクシーのガソリン車の特徴は?引用:https://221616.com/car-topics/20070730-a38368/

ガソリン車のシフトレバーは、ゲート式というものです。

少し前の車種でよく見られたシフトレバーはストレート式。

P・R・Dなど一列になっているタイプのものですね。

ゲート式というのは、ジグザグになっているタイプのものです。

少しマニュアル車の要素が組み込まれており、ドライバーにより運転を楽しんでもらえるようなシフトレバーになります。

これは、お好みですね。

どちらが好きかは人によって差が出るかもしれません。

個人的に、このゲート式に慣れてしまうとこの方が走りやすいというか、しっかりとシフトが入ったような安心感があるような気がします。

トヨタヴォクシーのガソリン車の特徴は?引用:https://netz-kochi.com/voxy/

実は、ガソリン車にしか搭載されていないような特徴はこのくらいです。

車両価格を見ていただくとわかりますが、ガソリン車の方がお値打ちです。

その分、特別な装備はあまり搭載されていないんですね。

ガソリン車のヴォクシーが標準と見て良いのかもしれません。

アクセルの踏み込みのみでの加速は、圧倒的にガソリン車の方が上回っています。

ガソリンというエネルギーをしっかり使って加速している証拠ですね。

燃費よりも楽な加速を必要とされる方、ちょっとせっかちな方にはガソリン車がお勧めです。

関連記事へ>>>燃費のいいヴォクシーを低価格で買う方法は?

トヨタヴォクシーの各燃費比較

トヨタヴォクシーの各燃費比較

さて、気になる燃費の比較です。

そもそもこのポイントが最重要項目です。

ハイブリッド車とガソリン車の大きな違いは燃費。

でも、一体どのくらい変わるのでしょうか。

比較してみました。

トヨタヴォクシーの各燃費比較

https://autoc-one.jp/toyota/voxy/report-3435588/

ヴォクシーガソリン車の平均燃費

平均実燃費:11.2㎞/L

ヴォクシーハイブリッド車の平均燃費

平均実燃費:17.1㎞/L

実燃費というのは、市街地や高速道路などの走行を含めた平均の数値です。

リアルな平均値ということですね。

調子が良ければ(加速せずに一定の速度を保っている時やエアコンを使用しないなどの好条件の時)両者とももう少し良い数字が出てくると思います。

 

カタログデータでは

ガソリン車 16.1㎞/L

ハイブリッド車 23.8㎞/L

ということでした。

この数字が、「調子の良いとき」ということですね。

ミニバンで23.8㎞/Lというハイブリッド車の燃費は驚異的です。

トヨタヴォクシーの各燃費比較引用:https://autoc-one.jp/hikaku/5000181/photo/0002.html

これを見ると、ハイブリッド車にしてガソリン代を浮かせたいなと思ってしまいます。

しかし、ディーラーで相談するとそこまでハイブリッド車を勧められないのです。

それは何故か、車両価格が400,000円近く違うからなんです。

オプションによっては500,000円以上変わってしまうこともあるそうです。

その差額を支払ってハイブリッド車を購入して、得になるのかというと、それはかなり難しいようなんですね。

燃費が良くなったからといってペイできるかというと、ほぼ不可能だという話でした。

トヨタヴォクシーの各燃費比較

現実的ですね。

性能の良い物は、ガソリンを入れる頻度が少なくなっても、最初にする投資は大きいということです。

あなたなら、どちらを選びますか?

ヴォクシーはとても乗り心地が良く、ミニバンの中ではピカイチ使いやすいと言っても過言ではない車種です。

その中で、ハイブリッド車とガソリン車と悩まれるかと思います。

オーナーの重要とするポイントをしっかりと見極めて、後悔の無い車選びをしてくださいね。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/voxy/

次の記事へ>>>ディーラーに下取りに行く前にこの方法を使おう!

 

トヨタヴォクシーの関連記事はこちら!

【トヨタ・ヴォクシー】不具合やリコール情報はどんな感じ?対応は?

【トヨタ・ヴォクシー】口コミや評価評判を紹介!良い?悪い?

【トヨタ・ヴォクシー】値段や費用どれくらい?グレードでの違いは?

【トヨタ・ヴォクシー】納期や納車は?いつ頃届くの?結構待つ?

【トヨタ・ヴォクシー】燃費や実燃費はいかに!?燃費向上している?

【トヨタ・ヴォクシー】内装や内寸はどんな感じ?内装色は選べるの?

【トヨタ・ヴォクシー】値引き相場はどのくらい?限度額を知りたい!

【トヨタ・ヴォクシー】カラーや色見本は何がある?黒以外にこれ!!

【トヨタ・ヴォクシー】試乗評価について紹介!試乗のポイントは何?

【トヨタ・ヴォクシー】スペックや加速性能は?大事な乗り心地は!?

【トヨタ・ヴォクシー】エコカー減税で自動車税はどれだけ安くなる?

【トヨタ・ヴォクシー】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比較する

【トヨタ・ヴォクシー】モデルチェンジ予想と情報!どう変わる?いつ?

【トヨタ・ヴォクシー】外寸や外装は?機械式駐車場に入るの?

【トヨタ・ヴォクシー】安全性は?自動ブレーキや横滑り防止機能は?

【トヨタ・ヴォクシー】維持費やローンは?残価設定にするべき?

【トヨタ・ヴォクシー】ハイブリッド車とガソリン車でどちらをとる?

【トヨタ・ヴォクシー】2WDと4WDはどっちがお勧め?違いを解説

【トヨタ・ヴォクシー】煌は他とどう違いがあるのか!?魅力を紹介

新着記事

  1. 家族思いの父親を体現したようなクールなミニバン、トヨタ・ヴォクシーと母親でも安心して使える安…
  2. オプションにはドライブを家族で快適に楽しむためのものが揃っています。トヨタの最新サービスT-…
  3. 「トヨタ・ヴォクシー」は、2017年度、日本国内新車販売台数のミニバン部門で1位に輝きました。…
  4. トヨタで販売されているミニバン人気車ヴォクシー。5~8人乗りで大人数でのお出かけにもピッタリ…
  5. トヨタのヴォクシーの現行モデルが出て、4年が経ちました。楽しいドライブを続けていくのにタイヤ…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP